個人バランスシートの作成

ライフプランの考え方・手法

ライフプランニング

ライフプランニングしてますか?
最近、「ライフプランニング」という言葉をよく耳にするようになりました。

これは、保険や投資信託、住宅ローンのセールスにおいて、営業担当者がトークやツール(営業手段)として使ったり、またマネー関連の雑誌や本において、ファイナンシャルプランナーがその重要性をしきりに説いています。

このようにライフプランニングは、最近非常に身近になってきましたが、私たちの多くはまだこれについて、分かったような分からないような状態にあるのではないでしょうか?

このライフプランニングは、私たちにとって全くの新しい概念かと言えば、決してそうではありません。
実際のところ、ライフプランニングは、私たちが生きていく中でごく普通に行っていることです。

ただ、問題なのは、それを普段意識して行っていないということです。
そのため、大切なことは、ライフプラニングの正しい知識を持ち、意識して計画的に行っていくことではないでしょうか?

当サイトでは、ライフプランニングを行う際のポイントについて簡単にまとめてみました。

ライフプランに必要な3つの分析手法と6つの係数

ライフプランに必要な3つの分析手法とは、ライフイベント表、キャッシュフロー表、個人バランスシートの3つです。

・ライフイベント表:自分・家族の将来の予定、希望するイベントを時系列で表す表。予算については現在価値で記入。>>ライフイベント表ダウンロード
・キャッシュフロー表:個人・家計の現在の収支、将来の収支状況・貯蓄状況を予測し、時系列にした表。収入には可処分所得を用いる。>>キャッシュフロー表ダウンロード
・個人・家計バランスシート:個人・家計の資産と負債の額を把握するための表。>>個人バランスシートの作成

また、複利で運用しながら老後資金を積み立てたり、退職金を毎年取り崩したりするときに使用する便利な6つの係数は以下の通り

終価係数:将来価値を算出するための係数
現価係数:現在価値を計算するための係数
減債基金係数:運用しながら将来のある時点の目標額に必要な積立額を計算するための係数
資本回収係数:現在ある資金を運用しながら将来のある時点までに取り崩した場合に、現在必要な資産額や毎年取り崩す金額を計算するための係数
年金終価係数:毎年一定額を積立ながら運用した場合に積立期間終了時にいくらになっているかを計算するための係数
年金現価係数:運用しながら将来のある時点まで毎年一定額を受け取るために必要な元金を計算するための係数

Sponsored Link
人気コンテンツ まずはコチラをチェック

個人バランスシートの作成

個人バランスシートの作成

企業の財務戦略を考える際には、損益計算書(P/L)およびキャッシュフロー計算書に加えて、貸借対照表(バランスシート・B/S)の作成が不可欠です。

個人の場合にも、バランスシートを作成することが重要です。

個人バランスシートを作成することでキャッシュフロー表だけでは把握できない資産構成上の問題点が発見しやすくなるからです。

個人バランスシート作成や分析の際には、次の点に留意する必要があります。

@表の左側に「資産」を、右側に「負債」と「純資産残高」を記入する。

A資産から負債を引いた金額が「純資産残高」である。

B個人バランスシートにおける各金額は、「時価」ベースで記入する。

C資産は、現預金などの「流動資産」と、自宅などの「固定資産」に分けておくとさらに好ましい。

D純資産残高がマイナスの状態(資産<負債)を「債務超過」という。

Eバランスシートの改善方法として、「デフレ時代には負債を返して資産合計を縮小させる」などの方法が望ましい。

個人バランスシートの例
個人バランスシート.JPG

個人バランスシートのポイント
a. 現状を把握する必要性から、一般的には時価で記載(取得価格ではない)
b. 保険金は解約返戻金の額を記載
※貯蓄性のある生命保険は、解約返戻金の額を記入する

〔1〕バランスシートの作成バランスシートは下記の式のとおりです。
  (総)資産=負債+純資産
  ないし、純資産=(総)資産−負債

 個人の場合、法人と違い出資による資本はないので、資産から負債を引いた残りがプラスの場合、純資産となり、また、マイナスの場合、純負債となり、資産と負債のバランスがとれていないことになります。

〔2〕バランスシート作成の留意点個人バランスシートの構成項目に決まりはなく、自由に構成できますが、法人のバランスシートのように1年以内に換金できるものを流動資産・流動負債、1年を超えるものを固定資産・固定負債とする考え方があります。
また、資産を「現金等」「投資資産」「使用資産(実際に生活に使う資産で、土地・住宅や自動車、家財などが該当)」
の3つに分ける考え方もあります。

>>
エクセル版の個人バランスシートはこちら

人気コンテンツ まずはコチラをチェック


当サイトに関連している商品が在庫切れの場合や、お探しの商品が当サイトで見つからなかった場合は、楽天市場もしくはアマゾンでお探しください。

▼楽天市場で探す▼


▼アマゾンマーケットプレイスで探す▼

検索

もし何かありましたら、下よりお調べ下さい
サイト内検索 by Google

このサイトを友達と共有



はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

サブコンテンツ

スポンサー

ECCビジネススクール


株式会社きんざい


日本ファイナンシャルアカデミー株式会社


マックス・コンサルティング【ライフマネー】

デート QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。